yumatoraru’s diary

取りあえず遊戯王について色々話します。たまに別の事も話すかも。タッグフォース大好き!あげはとひなたは俺の妻。

祝!レイン強化!

今回の話題はタイトル通りです。

今日遊戯王の公式フラゲサイトより9月発売のストラクチャーデッキR「アンデット・ワールド」の情報が出ました。レインのデッキ自体が元祖「アンデット・ワールド」ベースの構築のため彼女にも強化が来ると言えば当然と言えば当然ですが、何よりも驚いたのが今までの「ストラクチャーデッキR」ではなかったエクストラデッキのモンスターが投入された事!シンクロ時期のストラクのため一部では「シンクロも入るのでは?」と噂されていましたが今までのストラクチャーデッキRではエクストラデッキのモンスターは投入されなかったためやはりそう言う意見に対して「入るわけないだろバカ」と言われる事は多々ありましたが…

 

神は俺達みたいにゆまちゃんのような信じる心を持つ人を見捨てなかった!

 

そう!何と今回のストラク、シンクロモンスターが入るんですよ!しかも、元看板モンスターの「真紅眼の不死竜」を意識したであろう「真紅眼の不屍竜」が!…流石の俺もコレにはびっくりしました…今回ばかりはコナミナイスと思いましたよ…

てなわけでレインの強化過ぎる今回のストラク自分的にはマジ楽しみな内容です。メインデッキのニューエースモンスターも中々強くこれは強さ的にもかなり期待できそう。

でも、既存のアンデットパーツの規制は簡便な!

 

以下現段階で効果が判明している新規カードです。(転載禁止のため画像はなし)

 

死霊王 ドーハスーラ

闇属性 アンデット族 ☆8

攻 2800 守 2000

●自身以外のフィールドのアンデット族の効果が発動した時に発動できる。その効果を無効にするか、お互いのフィールド・墓地のアンデット族一体を除外する。この効果を適用したターン、適用した効果と同じ効果を発動できない。

●フィールドゾーンにカードが存在する場合、互いのスタンバイフェイズに守備表示で蘇生できる。名称ターン1制限あり。

 

容易に自己蘇生可能な最上級モンスターでロード・オブ・ザ・レッドと同じようにアンデット族モンスターの効果が発動した場合にその効果を無効にするか、互いの場か墓地のアンデット族を除外という効果をそれぞれ一ターンに一度使える強力な効果を持ってます。ストラクの看板を考えると最初の効果はロード・オブ・ザ・レッドを意識している可能性はありますね。アンデット族の効果しか無効に出来ませんが元々「アンデット・ワールド」はフィールド魔法の効果で無理矢理種族変更が可能なため実際にはかなりの拘束力を発揮できます。直前のデッキが属性変更で自身に有利な状況を作り出すをコンセプトである事を考えると中々面白い対比になっているんじゃないかと思います。

2つの目の効果はフィールドゾーンにカードがあるだけで可能な自己蘇生。スタンバイフェイズ限定ですが、そもそも毎ターン使えるためそこまで遅さは気になりにくいですね。効果の汎用性も中々高くフィールドカードを多く使うデッキに出張要員として採用するのも面白いかも知れませんね。

 

屍界のバンシー

闇属性 アンデット族 ☆4

攻 1800 守 200

●自身が存在する限り、「アンデットワールドは破壊されず、効果の対象にならない。

●墓地・フィールドの自身を除外して、手札・デッキから「アンデットワールド」を発動する。(フリーチェーン)

 

名前がヴァンガードのクラングランブルーの可愛い子ちゃん達を思い出すネーミングセンスのカード。最初の効果は最近では珍しくなくなった永続系の魔法・罠カードを重視するカード群によくある強固な耐性。とは言えコイツ自身のステータスは決して悪くはないが高くもないため真っ先に狙われる可能性もあるため過信は出来ないので中々良バランスだと思います。二つ目の効果は墓地・フィールドの自身を除外してのフリーチェーンでのアンデットワールドの発動。そこそこ奇襲性も高く、今回の強化も相まって妨害能力は高くなるかと。

 

アンデットネクロナイズ

通常魔法

一ターンにいずれか片方しか使えないターン1効果

●レベル5以上のアンデット族が存在する場合に発動でき、コントロール奪取・。

●墓地にある時、除外ゾーンのアンデット族一体をデッキに戻して、自身をフィールドに再セットし、この効果でセットした場合、フィールドを離れたら除外。

 

アンデットデッキだとそこまで発動条件が難しくないコントロール奪取と、墓地にある場合に除外アンデットを一体戻して自身を再セットできる強力な効果。(ただし、どちらか片方しか一ターンに使えないので後半の回収能力を使った場合、効果を発動できるのは次のターンに。緩い発動条件でコントロール奪取可能な上、回収効果持ちだし当然と言えば当然か)そもそも相手フィールドも参照に出来るため場合によっては相手のモンスターの種族を「アンワ」で変えてほぼ無条件で発動したり、上記の「ドーハスーラ」の存在からこのデッキでは発動条件はほぼないと言っても良いでしょう。

 

現在判明しているのはこの3枚だけですが、まだ後イラストだけ判明している「不屍竜」を含んだ3枚ほど新規が来る可能性があるのでまだまだ楽しみが潰えないですね。ともかくレイン強化おめ!みんなもストラクチャーデッキR「アンデットワールド」を買ってレインと一緒に戦おうぜ☆

 

↓「アンデットワールド」販促用コラ

 

f:id:yumatoraru:20180717010402p:plain