yumatoraru’s diary

取りあえず遊戯王について色々話します。たまに別の事も話すかも。タッグフォース大好き!あげはとひなたは俺の妻。

【滅びの呪文】メイ喜多嬉デッキ

今回紹介するのは速攻魔法「滅びの呪文ーデス・アルテマ」に着目した魔法使い族デッキです。このカードの最大の魅力はやはり速攻魔法での除去能力…も勿論ありますがやはり一番の魅力は裏側表示で相手モンスターを除外できる事だと思います。

デュエルモンスターズをプレイしている人なら分かるとおり裏側表示での除外というのは非常に強力でこの状態になると再利用手段はほぼないと言えます。

また相手によってこのカードが破壊されるとデッキから「混沌の黒魔術師」もしくは「マジシャン・オブ・ブラックカオス」を特殊召喚できるのもいい。特に「混沌の黒魔術師」は能力でターン終了時に破壊された「デス・アルテマ」を再利用できるため、相手に大きくプレッシャーをかける事ができます。

さて今回のデッキですが、実は言うと元々はタッグフォースのオリジナルキャラクターメイ喜多嬉のために作ったデッキなんですね。何故かというと彼女のゲームでの使用デッキは知っている人はご存じの通り武藤遊戯及びアテムの使用する【ブラック・マジシャン】なんですよね。TFSPではアニメキャラの使用デッキを代打で使っていたタッグフォースキャラはこぞって別のデッキに変更されていたため「ならば次回作で別のデッキが使われるなら最初から自分達で決めればいいじゃん!」的な発想で今回のデッキを作った次第です。本来ゲームで使用していたデッキが魔法使い族のため前提条件として魔法使い族っていうのは最初から決めており、最初は魔法使い族の通常モンスター繋がりで「コスモクイーン」をエースにするつもりでしたが、そんな矢先に「滅びの呪文ーデス・アルテマ」がOCG化したって訳です。ここらアイディアを広げて「デス・アルテマ」を軸に置いたレベル8中心の魔法使い族デッキ使いってのが最終的にメイちゃんのデッキの自己案としてはまとまりました。幸いにも「コスモクイーン」や「デス・アルテマ」を簡単に使用できる「ブリザード・プリンセス」と相性のいい「魔道化リジョン」もOCG化しておりアイディアはすぐに纏まりました。

 

デッキレシピは以下の通り

 

滅びをもたらすもの Lv.5 一週目及び二週目以降、初期デッキ 
滅びの祝福 Lv.6 二週目以降ランダム、パートナーデッキ
滅び行く者達へ Lv.8 二週目以降ランダム、最強デッキ

 

滅び行く者達へ Lv.8

 

f:id:yumatoraru:20180315232619p:plain

遊戯王データカードベースのマイページより画像&レシピ引用。

 

モンスターカード 18枚

 

混沌の黒魔術師×2 コスモクイーン×1 ブリザード・プリンセス×3
ヂュミナイ・エルフ×1 魔道化リジョン×3 黒き森のウィッチ×1
ナイトエンド・ソーサラー×2 エフェクト・ヴェーラー×2
召喚僧サモンプリースト×1 カオス・ソーサラー×1 ガガガマジシャン×1 

 

魔法カード 19枚

 

滅びの呪文―デス・アルテマ×3 簡易融合×2 黒魔術のヴェール×3 死者蘇生×1 
ディメンション・マジック×2 ハーピィの羽箒×1 ツイン・ツイスター×1
円融魔術×2 一族の結束×3 未来融合―フューチャー・フュージョン×1

 

罠カード 3枚

 

黒魔族復活の棺×2 ダーク・ホライズン×1

 

エクストラデッキ 15枚

Em トラピーズ・マジシャン×1 ダウナード・マジシャン×1
サウザンド・アイズ・サクリファイス×1 カオス・ウィザード×1 音楽の帝王×1 
エルシャドール・ミドラーシュ×1 波魔導士アーカナイト・マジシャン×1 
クインテット・マジシャン×2 魔導原典クローリー×1 サモン・ソーサレス×1 
アカシック・マジシャン×1 アーカナイト・マジシャン×2 彼岸の詩人ウェギリウス×1


滅びをもたらすもの Lv.5

 

f:id:yumatoraru:20180315232648p:plain

遊戯王データカードベースのマイページより画像&レシピ引用。

 

モンスターカード 19枚

 

マジシャン・オブ・ブラックカオス×3 コスモクイーン×2 カオス・ソーサラー×2
魔法剣士ネオ×2 ライトロード・マジシャン ライラ×3 魔道化リジョン×3
魔導剣士ブレイカー×2 召喚僧サモンプリースト×2

 

魔法カード 19枚

 

カオスー黒魔術の儀式―×3 高等儀式術×2 儀式の下準備×3 
滅びの呪文―デス・アルテマ×3 死者蘇生×1 ディメンション・マジック×2
一族の結束×2 黒魔術のヴェール×2 RUM―アストラル・フォース×1

 

罠カード 2枚

 

黒魔族復活の棺×2

 

エクストラデッキ 15枚

 

Em トラピーズ・マジシャン×2 ダウナード・マジシャン×2 
アルケミック・マジシャン×1 No.104 仮面魔導士シャイニング×1
マジマジ☆マジシャン・ギャル×2 幻想の黒魔導師×1
サモン・ソーサレス×2 魔導原典クローリー×1 アカシック・マジシャン×2
腹話術師 クララ&ルーシカ×1

 

滅びの祝福 Lv.6

 

f:id:yumatoraru:20180315232716p:plain

遊戯王データカードベースのマイページより画像&レシピ引用。

 

モンスターカード 18枚

 

混沌の黒魔術×2 マジシャン・オブ・ブラックカオス×2 コスモクイーン×1
ヂュミナイ・エルフ×1 カオス・ソーサラー×1 魔道化リジョン×3 
ナイトエンド・ソーサラー×2 ライトロード・マジシャン ライラ×2 
THE トリッキー×1 魔導召喚士テンペル×1 エフェクト・ヴェーラー×2 

 

魔法カード 18枚

 

カオスー黒魔術の儀式×2 儀式の下準備×2 黒魔術のヴェール×2
滅びの呪文―デス・アルテマ×2 ディメンション・マジック×2 ルドラの魔導書×1 
死者蘇生×1 グリモの魔導書×1 トーラの魔導書×2 ハーピィの羽根箒×1 
一族の結束×2

 

罠カード 4枚

 

黒魔族復活の棺×2 ダーク・ホライズン×1 マジシャンズ・プロテクト×1

 

エクストラデッキ 15枚

 

アーカナイト・マジシャン×2 彼岸の詩人ウェギリウス×2 マジック・テンペスター×1 
Em トラピーズ・マジシャン×2 ダウナード・マジシャン×2
No.104 仮面魔導士シャイニング×1 魔導原典クローリー×2 サモン・ソーサレス×1 
アカシック・マジシャン×2

 

初期デッキは手加減要素のため「混沌の黒魔術」を入れずメインデッキのモンスターでのビートダウン中心。「儀式の下準備」がフルに投入されているため場合によっては他のデッキ以上の爆発力を発揮するでしょうけど、基本的には他のデッキに比べると事故率は高いと思います。エクストラのルーシカは手加減要素の一つ。

二週目以降&パートナーデッキは最強デッキより少し質を落としたもの。ここまでは「マジシャン・オブ・ブラックカオス」は継続参戦です。事故率を懸念し、各種パーツを少なめにしましたけどそのせいで逆に事故率が上がっている気も…他の構築と異なる点としては「魔導書」を採用している事。これで「テンペル」から「混沌の黒魔術師」を出す事も視野に入れてます。

最強デッキには「デス・アルテマ」と相性のいい「ブリザード・プリンセス」をついに投入し、隠し玉である「クインテット・マジシャン」も投入し、本格的にエクストラデッキも使用する構築に!

どの構築でも共通しているのは採用するカードを魔法使い族限定にし「一族の結束」を活かせるようにしている事。やはりメイちゃんと言えば魔法使い族オンリー&「一族の結束」ですからね。これは絶対外せないと思いました。

 

いかがでしたか?

全体的に見れば現代の強化された【ブラック・マジシャン】には遠く及ばないかも知れませんが、ゲームでの彼女のデッキの面影を残しつつも別ベクトルの個性を持たせることが出来たんじゃないかと自分は思いました。「デス・アルテマ」自体も「ブラック・マジシャン」=「マジシャン・オブ・ブラックカオス」と決して浅からぬ関係なのでそう言った意味では彼女の元々のデッキを継承しているのではないかと思います。

ただあくまでこれは俺個人のアイディアであり、本当に次回作でこのようなデッキにメイちゃんがなるかは分かりません。(そもそも次回作自体が怪しいですが、タッグフォースファンとしては諦めるつもりはありません。)タッグフォースSPみたいなに全ての作品からキャラが参戦する方式ではないのならばメイちゃんは素直に強化された【ブラック・マジシャン】をそのまま使用するでしょうし、仮にタッグフォースSPみたいな全作品参戦方式だったとしてもこう言ったデッキを使用するかは分かりません。もしかしたら全く異なるデッキを使用する可能性だって…(そもそもこのデッキ自体アニメキャラが使用していたカード多いですしね。)

それでもタッグフォースファンとして次回作で彼女達のデッキがどんな風に強化されるかは凄く楽しみであり、それを想像するのは凄く楽しい事だと思います。

もしこの記事を読んだ人で次回作に希望を持っている人は次回作でどのキャラがどんな風に強化されるかを考えてみてください。もしかしたらきっとあなたの予想が次回作では的中しているかも知れませんよ?

 

長く書いてしまいましたが今回は以上です。読んでくださった人お疲れ様です!